AI医療への期待と不安を話し合おう!
AIDEプロジェクト
フォーカス・グループ研究にご参加を

AIDEプロジェクトは、患者・市民および医療従事者のみなさんから「AIを使った医療に関する意見」を集めるためのグループ・インタビュー(フォーカス・グループ研究)を開始します。

今後の展開が予想されるAI医療に、ご自分の期待や不安を話してみませんか?

この研究は、AI医療を使う医療従事者側、それを使われる患者と市民側からの意見を研究としてまとめ、より優れたAI医療開発に反映することを目的としています。

グループ・インタビューは、患者・市民、医療従事者それぞれ、オンライン会議システムで行います。

少人数のグループに分け、今後、AIが医療に使われる可能性がある想定事例(シナリオ)をご覧いただきます。
シナリオから、AI医療のどんなところに期待し、何が不安なのか、その理由は何かを話し合います。

ご参加いただく方には、AIに関する知識や事前準備は不要です。また患者・市民の方には、詳しい医療知識も必要ありません。

AIを活用したより良い医療を手にするには、さまざまな視点が必要です。みなさまのご参加をお待ちしております。

対象者

AI医療に関心のある、患者・市民、および医療従事者

次のような参加者の募集期間を9月30日まで延長します。

  • 患者
  • 看護師
  • 療法士
  • 放射線技師
  • 薬剤師
  • そのほか、患者のサポートをする職務の方

*2022年7月14日現在

*年齢、性別、国籍は問いません。

実施方法

インタビューは患者・市民と医療従事者に分けて行います。

1つのグループあたり4~6名程度で、オンライン会議システム(Zoom)を使用します。

具体的な参加日は、参加申し込み後に調整いたします。

所要時間

患者・市民:1~2時間程度

医療従事者:90分程度

募集期間

2022年3月~2022年7月 9月30日まで

募集人数

患者・市民、医療従事者とも先着30名まで

謝礼

参加者には、クオカード(内容・時間に応じて上限3,000円)のお渡しを予定しています。

*大阪大学の医療従事者を除きます。

お問い合わせ

大阪大学大学院 人間科学研究科 担当:岩浅(いわさ)、山本

メール:office[at]aide.osaka.jp   [at]を@に置き換えてください