医療における信頼感・納得感をもたらす
AI(人工知能)技術の導入へ

AIDE(エイド)プロジェクトとは「ヘルスケアにおけるAIの利益をすべての人々にもたらすための市民と専門家の関与による持続可能なプラットフォームの設計」として、日本の科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)および英国の経済社会学研究会議(ESRC)によって採択された研究です。

音声認識、自然言語解析、画像診断などのAI技術が医療に導入されつつあります。

AIDEプロジェクトは、市民や患者の参画(PPI:Patient and Public Involvement)を通じてAI技術を使う医療をよりよいものとすることを意図しています。

そして、ヘルスケア領域におけるAI技術の発展に誰もが参画し、貢献するためのコミュニケーションのプラットフォームづくりを目指しています。

AIDEプロジェクトは、大阪大学とオックスフォード大学が共同で行う研究でもあります。

本プロジェクト名「AIDE」は、英語の研究名「Ensuring the benefits of AI in healthcare for all: Designing a Sustainable Platform for Public and Professional Stakeholder Engagement」の略語です。「人工知能」(Artificial Intelligence)を意味するAIと「助ける、サポートする、促進する」(AID)という意味を持ちます。最後のEは、参加・関与・参画(Engagement)を意味します。

AIDEプロジェクトとは→

お知らせ

事務局からのお知らせ
AIDEプロジェクトメンバーも関与する、今、注目の医学研究における患者オーサーシップに関する論文が掲載されましたNew!!

AIDEプロジェクト研究代表の山本ベバリーアンとアドバイザリーボードメンバーのKaren Woolleyによる患者オーサーシップに関する共著論文が医学雑誌に掲載されました。 本論文の掲載は4月下旬にもかかわらず、Obse […]

続きを読む
事務局からのお知らせ
AIDEプロジェクトのメンバーによる日本の希少疾患を対象にした研究「コモンズプロジェクト」の論文が公開されました

AIDEプロジェクトで研究者を務めている、大阪大学大学院の加藤和人教授、山本ベバリー・アン教授、古結敦士助教らのグループは、英国科学誌「Research Involvement and Engagement」に「ヘルスケ […]

続きを読む
イベントのお知らせ
患者・市民参画パネルメンバーが、国立がん研究センター東病院のプロジェクトにおいてAIDEプロジェクトについて発表しました

2023年11月21日(火)、AIDEプロジェクトの患者・市民参画パネル(PPIP)のメンバー、岩屋紀子さんが国立がん研究センター東病院のプロジェクト「SCRUM-Japan」AI委員会の勉強会において、「あったらいいな […]

続きを読む

Facebook

MENU
PAGE TOP